白髪染めマニキュアタイプ

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、永久染毛剤タイプの白髪染めとは違って、染料を髪の表面だけに定着させるものです。髪のキューティクルを広げて髪の中に染料を入れるなどということはせず、逆に髪の表面をコーティングするのでという方法なので、髪がツルツルになります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めの仕上がりは、黒髪は地毛の色とヘアマニキュアのカラーが混じった色となり微妙に色づいた感じに仕上がり、白髪は白と染料が混じってオレンジっぽい色になります。つまり、永久染毛タイプの白髪染めのような均一な色には仕上げりません。

市販されている白髪染めのヘアマニキュアには、素人でも出来るだけ黒髪も白髪も均一に染め上げることが出来るよう、ヘアマニキュアの成分+ヘアカラーの成分も含まれていることが多いようです。ヘアマニキュアよりはよく染まるけれど、本物のヘアマニキュアよりは髪が傷みやすいと思われます。

最近、白髪染めヘアマニキュアで非常に人気が高いのが、サスティから販売されている利尻ヘアカラートリートメントです。シャンプー後のトリートメントとして白髪を染められることと、天然染料で出来ているのに、しっかり染まる染毛力を兼ね備えているので人気が高いようです。アレルギー体質で毛染めが使えない人にもいいですね。

ヘアマニキュアは、配合されている酸性染料が髪の表面のたんぱく質と結合して発色するだけなので、髪が傷みにくいのが特徴です。髪自体を染める訳ではないので、明るくなりすぎるという心配がなく、自然な色に仕上げたいという人には最適だと思います。

ヘアマニキュアは髪表面のたんぱく質と結合して発色するという性質から、手や耳、えり足などのたんぱく質でできている素肌に付くと、なかなか取れにくくなってしまいます。使用する時は注意しましょう。また、シャンプーの度に少しずつ色落ちするので、2週間くらいで白髪は目立つかもしれません。

ページトップへ戻る