染まりにくい白髪染めとは

白髪染めでも、永久染毛剤といわれるものは、一度色素を分解してから色を入れるので均一によく染まります。それに比べると、ヘアマニキュアタイプのものは、髪の表面にあるタンパク質を染めるだけなので、白髪をしっかりと染めることはできません。また退色も早いです。

永久染毛タイプの白髪染めでも、1剤と2剤を混ぜて使いタイプの方が、手間はかかるけれど、しっかり染まるような気がします。混ぜずにすぐ使えたり、櫛から薬剤が出て、簡単に使えるものは、ちょっと染まりにくいような気がします。

シャンプータイプの白髪染めも、染まるまでに時間が掛かります。白髪が多い人だと、1カ月使っても白髪だと分かるかもしれません。ただ、永久染毛剤のように髪を傷めることなく、白髪を目立ちにくくするという程度で考えると、シャンプータイプも有効ではあります。

自然染料のへナも白髪と黒髪を統一の色に染め上げることはできません。白髪はオレンジっぽい茶色に、黒髪は赤茶色っぽく染まるので、白髪が密集している所にメッシュを入れているような仕上がりになります。これは好みの問題で、これがおしゃれという人もいるで、どちらが良いとは言えません。

人気の白髪染めに、白髪染め専門レフィーネという商品があります。これは一度で染まるタイプではないのですが、天然素材でできているので髪や地肌には優しい白髪染めです。もちろん酸化染料などの化学成分は使っていません。自然の物を使うと、やはり一度で均一に染めることは出来ないようですね。

ヘアクリームサンカラーマックス という商品は感光性染毛料というもので、クシにつけて整髪剤のように塗るだけで、太陽光に当たるうちに自然に染まるというものです。こちらも口コミで人気になったのですが、一度で染まるものではありません。数回使用していくうちに徐々に染まり、また色落ちしていくので塗るということの繰り返しとなります。しかし、簡単で、髪や頭皮を傷めずアレルギー体質の人も安心して使えるのでとても人気です。

ページトップへ戻る