白髪染めを選ぶポイント

白髪染めを選ぶポイントとしては、まず自分に合った白髪染めを選ぶことです。アレルギー体質や敏感肌の人がいきなり白髪染めをすると、肌荒れや炎症を起こすかもしれません。酷い時にはアナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、できるだけ化学染料が入っていない、植物色素配合のものを選ぶ方がいいでしょう。

髪質は人それぞれで、軟毛の人、硬毛の人がいます。一般的に軟毛は染まりやすく、硬毛は染まりにくい性質を持っています。自宅で白髪染めをする為に商品を選ぶならば、軟毛の人はパッケージ通りに染まると考えていいでしょう。硬毛の人は希望のカラーよりワントーン明るめのものを選ぶようにしましょう。

白髪染めを選ぶポイントとして、用途を考えて選ぶことも必要です。白髪染めには、全体染め用と部分染め用があって、部分染めの場合だと、使い捨てタイプの酸化染毛型の白髪染めを買ってしまうと、もったいないものです。リタッチとして使うなら、液を混ぜる必要のない必要な分だけ出して使える白髪染めが経済的でしょう。

自宅で自分で使う白髪染めを選ぶ場合は、一人でも色ムラなく使えるものを選ぶといいでしょう。全体染めの場合ならば、泡タイプが、髪全体まで行き届くので、使いやすいと思います。液状のものも髪全体に行き渡るのですが、液だれがしやすいという欠点があります。

白髪染めの選び方では、好みの色合いで選ぶのもいいでしょう。最近では、黒や茶色だけでなく、かなり明るい若々しい茶色やゴールドやパープル、ピンク、オレンジなんかもあります。メーカーによっても個性的な色が販売されているので、自分の好みの色を探してみるのは如何でしょう?

年配の男性では、白髪染めで急に真っ黒な髪色になるのを嫌がる人もいます。そのような人には徐々に白髪が染まるシャンプータイプの白髪染めが人気があります。現代の白髪染めは多種多様な形態があるので、自分のこだわりのポイントで選ぶことが出来ますね。

ページトップへ戻る