白髪染めの際に用意するもの

白髪染めをする前に必ずやった方が良いのがパッチテストです。白髪染めに含有している酸化染毛剤によってアレルギー反応が起きないかどうか調べてみるのです。白髪染めをする48時間前には毎回行うようにしましょう。

白髪染めなどでアレルギー反応を起こさないかを調べるパッチテストですが、そのやり方として、白髪染めの一部を腕などにつけ、放置。48時間くらい様子を見ます。塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などの異常があった場合には、白髪染めをしてはいけません。薬剤塗布後の30分後と48時間後の2回は必ず塗布部分を観察しましょう。

自宅で白髪染めをする場合、染料の分量が商品によって違うので必ず箱の記載を確認するようにしましょう。1箱分でショートカットの分量しか入っていないものや、セミロング位まで染められるものまで様々です。染料が少なすぎると、ムラ染めになってしまいがちなので自分のヘアスタイルに見合う分量を準備しましょう。

パーマと白髪染め、一度で両方やってしまいたいのですが、美容室側で断られる場合があります。パーマ液に含まれる成分が白髪染めの染料を落としてしまうことや、変色を促すことがあるので、パーマは白髪染めの一週間以上前にかけておく必要があるのだそうです。せっかく希望通りの髪色になってもパーマをかけたがために変色したらもったいないですね。

白髪染めは室温によっても染まり方が変わってきます。室温が高ければ染まりやすくなり、低いと染まりにくくなります。たいていは室温20〜30度での使用を見込んで、放置時間を記しているはずですので、自宅で染めるときもそれ位の室温にした方が間違いないでしょう。

白髪染めをするときに準備するべきものは、鏡、手袋、汚れを防ぐ新聞紙、髪の生え際に塗るコールドクリーム、ブロッキングのためのヘアクリップ、化粧ケープがあれば肩にかけると便利です。白髪染めをする時は前開きの洋服で行うと白髪染めの後、お風呂に入る時など洋服を汚さず脱ぐことが出来ます。

ページトップへ戻る