白髪染め種類

白髪染めは大きく分けると3つの種類に分かれます。ヘアカラータイプ(永久染毛剤)、ヘアマニキュアタイプ(半永久染毛剤)、カラースプレーなどの一時染め(一時染毛剤)の3つです。最近はもう一つ、毎日のシャンプーで自然に染まるというタイプもあります。

白髪染めには、3種類ほどのタイプがありますが、それぞれに利点・欠点があるものです。ヘアカラータイプでは、シャンプーなどによる色落ちがなく、色もよく入り、長持ちするのですが、その分、髪や頭皮に負担を掛けてしまいます。何度も繰り返し染めると髪がパサパサになったりきしみの原因となります。

ヘアマニキュアタイプは、シャンプーのたびに徐々に色が落ちる半永久的白髪染めになります。色の持ちは約一カ月。髪の表面のタンパク質を染めることで色をつけるといった形です。ヘアカラーより髪や地肌を痛めませんが、しっかり染まらないのと、長持ちしないのが欠点です。

カラースプレータイプは、髪に直接塗布し、一時的に髪の表面に色をつける形となります。手軽という点では利点になるのですが、シャンプーで落ちてしまうので、半日か一日しか持ちません。こちらは主にヘアカラー後に伸びてきた白髪のリタッチとして使われることが多いでしょう。

最近、人気があるのがシャンプータイプの白髪染めです。毎日シャンプーするだけで自然に髪が少しずつ染まっていきます。わざわざ毛染めをする手間がかからないのはいいのですが、ヘアカラーのように劇的に白髪が染まることはないので、徐々に目立たなくさせたいという人にぴったりです。

自宅で染める白髪染めにはクリームタイプや液状、泡状のものなど形状も色々あります。また、全体染め用と部分染め用もあります。どちらかと言えばクリームタイプは部分染めに最適で、液状や泡状のタイプは伸ばしやすく、染めむらも出にくいので、全体染めに便利です。

ページトップへ戻る