白髪染めの仕組み

白髪染めでもヘアカラーでも、一般的には1剤と2剤を使用直前に混ぜ合わせて使うものが多く、1剤には染毛剤、2剤には過酸化水素が入っており、混ぜ合わせると酸化染料となります。最初に髪の内部にあるメラニン色素をブリーチし、次に染料を髪の内部に染み混ませて発色させます。

白髪染めやヘアカラーの1剤にはパレフェニレンジアミンやパラアミノフェノール(ジアミン系の成分)という、染料の染料前駆体(プレカーサー)と染料連結体(カップラー)が入っており、この配合の割合によって染め上がりの色の濃さが変わってきます。

白髪染めの1剤に入っている酸化染料とアルカリ剤のうちのアルカリ剤は、髪の表面を覆うキューティクルを開かせて染料剤を髪の内部まで浸透させる役割をしています。アルカリ剤として有名なのは、アンモニアやモノエタノールアミンです。

白髪染めでは、1剤のアルカリ剤でキューティクルを開いた後、1剤のアルカリ剤が2剤の過酸化水素水を分解し、酵素を発生させます。酵素が髪の内部のメラニン色素を脱色すると同時に、酸化染料を発色させて髪の内部に染みこませます。

白髪染めでは、メラニン色素を脱色しながら染料を発色させて髪の内部に染みこませるのですが、発色した酸化染料どうしが結合し大きな分子サイズとなるので、開いているキューティクルから出て行くことはなく、その後閉じたキューティクルによって髪の内部にきっちり閉じ込められるという仕組みです。これによって永久染毛となるわけです。

ヘアマニキュアは、髪のメラニン色素の分解はせずに、髪の表面に存在するたんぱく質を染めることで髪に色をつける仕組みです。髪の表面をコーティングするので髪にはツヤが出ます。ヘアカラーと違って表面に膜を張るので、それが毎日のシャンプーによって剥がれて行き、色あせがおこりやすいです。

ページトップへ戻る