白髪染めの安全性

最近は白髪染めを美容室ではなく、自宅で自分で染めるという人が増えています。それは、市販されている白髪染めが、使いやすく簡単で、値段も手ごろということが大きいと思います。しかし、白髪染め製品の中には、有刺激性成分が含まれているものもあり、その為に肌のトラブルを起してしまう人も多くいるようです。

白髪染めの中に配合されているパラフェニレンジアミンという成分は、しっかり髪を染めてくれる半面、アレルギー体質の人が使用すると、頭皮がかぶれたり、痛みを感じたり、酷い場合は咳が止まらなくなり呼吸困難を引き起こす可能性もあるものなのです。

白髪染めの中には、危険な成分が配合されている商品もあるものです。市販品を購入して自分で染める場合は、安いからという理由だけで選ぶのではなく、配合成分を確認して購入しましょう。危険な成分としては、酢酸鉛、鉛アセテード、リードアセテート。これらには発疹や腎機能障害の恐れがあるので、これらが配合されているものは控えましょう。

白髪染めやヘアカラーによるかゆみや湿疹は、実は美容師さんの悩みでもあるようです。体質に合わない人は健康を害し、退職という選択をされる人もいるようです。白髪染めの中の酸化型染毛剤には合成界面活性剤や発ガン物質を含むものが多く、皮膚から侵入して、その結果、皮膚障害やアレルギー・ぜんそく・リンパ腫など健康に害を及ぼしてしまうのです。

毛染めと婦人系のトラブルは以前から言われていました。その因果関係が医学的に立証されているということは今のところないようですが、東洋医学では、髪と子宮は繋がりがあると言われているようです。産後しばらくは髪を洗ってはいけない(冷えるという理由で)というのもそこから来ているようです。染料の有害成分が気になるという人は、自然から出来ているへナなどを利用する方がいいかもしれません。

もし、市販の白髪染めでパッチテストをやってみてアレルギー反応を起こした場合、天然染料であるへナや無添加のヘアマニキュアを使用するといいと思います。近年、このようなアレルギーによるトラブルが多いので、多くのメーカーでは天然由来成分の白髪染めを販売し始めているようです。これらの中から自分に合ったものを選ぶといいですね。

ページトップへ戻る