白髪の部分染め

部分白髪染めで便利なのが、例えば泡タイプの白髪染めツヤグラマラスグリザのような直接手で塗ることが出来るタイプですね。ムースタイプで1本6,195円なのですが、部分染めならば30回は使えて経済的です。髪や地肌に優しい成分でできています。

白髪の部分染めだからこそ、素手で使える白髪染めが便利です。必要な分だけ手にとって、気になる所にだけ使って洗い流す。これなら無駄なく、いちいち準備することも無く気軽に使えます。使いきりタイプでなく、何回も使えるものが良いですね。

白髪染めの部分染めではクリームタイプが便利です。永久染毛剤のタイプの部分染めでは、1剤2剤と分かれていても何度でも使えるように出来ているようです。染めやすい小さな刷毛もついていて気になる部分が染めやすくできています。

白髪染めの全体染めタイプには、乳液やジェルタイプが多いものです。逆に部分染めには、液だれしないクリームタイプのものが多く、付けると髪に絡みついてくれるので、細かい部分を染めるのに向いています。クリームタイプなら素人の我々でも失敗なく部分染めができるでしょう。

一般的に白髪の全体染めは、3カ月に一度くらいでしょうか。髪色をキレイに保つには、その間に2〜3回程部分染めをすると良いでしょう。それ以上やらないと色落ちが激しいようなら、それは髪が傷んでいると思われます。トリートメントなどで健康に戻れば、色落ちも減ると思われます。

自分で白髪の部分染めをする場合、頭皮に触れても安全で繰り返し使っても安心なものを使用しましょう。このように考えると、全体染めと全体染めの間を自然の成分で出来ていて、簡単に染められるトリートメントタイプの白髪染めを使うのが、金銭的にも健康的にも一番いいのではないでしょうか。

ページトップへ戻る