毛染めと白髪染めの違い

毛染めと白髪染め。どちらも同じように髪を染めるのですが、簡単に言えば、白髪染めの場合は白髪も黒髪も染まり、毛染めの場合は黒髪のみ染まるということです。もちろん毛染めでも暗めのカラーなら白髪にも多少の色素は入ると思います。

一般的な白髪染めもヘアカラーの一種です。つまり白髪を染めるヘアカラーが白髪染めという感じです。白髪染めと毛染めでは発色のための成分の量と配合が違うので、白髪染めは白髪が上手く染まるように、毛染めでは黒髪が希望の色に染まるように、発色成分が考えて配合されているのです。

最近特に目立ってきた白髪を毛染めで染めることが出来るのか、美容室で聞いたことがあります。その答えは、NO。普通の毛染めでは、白髪を綺麗に染めることはできないそうです。白髪を綺麗に染めるには、染毛力の強い白髪染めでないとダメなようですよ。

白髪がまだ数本くらいの程度であれば、普通の毛染めでも大丈夫なようです。しかし、生え際や一カ所にまとまって生えている白髪があるようなら、白髪染めの方が綺麗に染まります。最近は白髪染めでも明るい色があるので、若々しいイメージに仕上がりますよ。

白髪染めでは、白髪と黒髪の色味を上手く合わせるような色作りの為の色素の配合をによって作られています。ですから、色素の配合量や作り方の違う黒髪用の毛染めで、白髪を染めると上手く染まらなかったり、染まっても不自然な色になってしまうのです。

主に白髪染めでは、染毛力が強く作られています。その中でも明るい白髪染めではブリーチ力も染毛力も強くなるよう作られています。一方普通の毛染めでは、ブリーチ力が強く染毛力が弱く作られているので、白髪には染まりにくいように出来ているのです。

ページトップへ戻る