アレルギーについて

スーパーやドラッグストアで売っている白髪染めを使って、頭皮がかゆくなったり、赤くなったりしたことはありませんか?もし、かゆみが起きたりしたら、それはパラフェニレンジアミンなどの有刺激性成分が原因だと考えられます。

永久染毛剤の白髪染めに配合されている、パラフェニレンジアミンという、染料のもととなる成分が多ければ多いほど強く、しっかりと染まるかわりに、肌にアレルギー反応を起こさせる元となる成分でもあります。しっかり染めるためのメインの働きする成分がかゆみやかぶれの元となってしまうのは残念なことです。

どのようにして白髪染めでアレルギー反応が起こるかというと、白髪染めに配合されているアルカリ剤がキューティクルを開かせて、そこに染料が入り込み着色します。普段は閉じているキューティクルを無理やり開かせ、異物を入れるので体が拒否反応を起こします。この時の過剰な免疫反応によって、異物だけでなく、まわりの皮膚なども攻撃してしまい、アレルギー反応が起こるのです。

体に異物(染料)が入ってきたと判断して、アレルギー反応を起すと、かぶれやかゆみ、発疹などの皮膚トラブルが起こります。それには個人差があり、酷くなると、皮膚以外にも目の痛みや咳、呼吸困難などの症状を表す人もいます。アレルギー反応が非常に強い人では、重篤な症状が出る危険性があるので、十分注意しましょう。

アレルギー症状のもととなるアレルゲンは、人それぞれです。今まで、アレルギーとは無縁でいた人でも、パラフェニレンジアミンで初めてアレルギー症状が出る人もいます。ですから、私は大丈夫と過信せずに使用前には毎回パッチテストを行いましょう。

白髪染めによるアレルギー症状の多くは、かぶれや湿疹などの皮膚トラブルです。しかし、人によっては強いアナフィラキシーショックを起す場合があり、海外では死亡例も報告されています。小さなこどもが白髪染めを誤って口に入れると、メトヘモグロビン血症を起こして死亡する可能性もあるのだそうです。簡単に手に入る白髪染めですが、取り扱いには十分な注意が必要です。

ページトップへ戻る