白髪の原因

白髪の生える理由としては、髪が黒く見えるメラニン色素が生成されなくなることによるものです。では、なぜメラニン色素が作られなくなるのか?と言えば、老化現象によってメラニン色素を作りだすメラニサイトという細胞が正常に働かなくなってしまうからです。

白髪は年寄りだけに見られる現象ではありません。20代の人にも若白髪といわれるように白髪がある人はいます。若いうちから沢山の白髪が混じっている状態の場合には、親からの遺伝が原因の場合が多いようです。体の他の部分は老化が見られないのに、髪だけに白髪があるという時は遺伝であることが多いのだそうです。

極度のストレスを感じることで、体に影響が出ることは多々あります。例えば、ストレス性の胃潰瘍などがそれに当たります。白髪もストレスが原因でおこることがあります。ストレスの影響で毛髪にメラニン色素が送られなくなることで、若白髪が発生するのです。

髪が生えるためには、髪の毛を作りだす成分とメラニン色素を生成するための栄養が必要です。しかし、無理なダイエットなどで髪の毛に届くはずの栄養が無くなってしまうと、白髪になる可能性があります。白髪までは至らなくても、偏った食事やダイエットで髪がパサパサになってしまうことはよくあります。

病気が原因で、急に白髪になってしまうことがあります。先天性白皮症、ウェルナー症候群、プロジェリア症候群、自己免疫疾患や悪性貧血などは白髪となる可能性の高い病気といわれています。これらの病気の多くは遺伝子と関わりのある病気とされています。

昔の小説に、恐怖によって一夜にして白髪になった、というものがありますが、現実では黒く生えている髪の毛は脱色でもしない限り黒い部分が白くなってしまうことはありません。つまり恐怖が原因で生えている髪の毛すべてが白髪になってしまうということはあり得ないのです。

ページトップへ戻る